「やさしくて力持ち」JR九州の新型電車、821系デビュー 国鉄415系を置き換えへ

開発コンセプトが「やさしくて力持ちの鉄道車両」であるJR九州の821系近郊型交流電車が、鹿児島本線で運転を開始。今後、国鉄時代に製造された415系近郊型交直流電車を置き換えていく予定です。

合計6両が導入済み

 JR九州の新型車両である821系近郊型交流電車が2019年3月16日(土)、鹿児島本線の小倉駅(北九州市小倉北区)と荒尾駅(熊本県荒尾市)のあいだで、営業運転を開始しました。

Large 190316 821 01

拡大画像

営業運転を開始したJR九州の821系。正面外周の丸い部分はそれぞれ光る(2019年3月16日、恵 知仁撮影)。

 開発コンセプトは「やさしくて力持ちの鉄道車両」。出入口で足元のホームを照らすライトやベビーカースペースの設置、消費電力の低減を実現するなど「やさしい」、そして機器の信頼性や安定性を向上するなど「力持ち」な車両なことが特徴です。

 821系の定員は407名、設計最高速度は120km/h。現在、3両編成が2本導入済みです。またこれにより、国鉄時代に製造された415系近郊型交直流電車を置き換えることが計画されています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

コメント

7件のコメント

  1. 交流電車で交直流電車を置き換え?という事は門司⇔下関間はどうするつもり?
    まさかJR西日本に丸投げ?すんごい遠回りになる上にすんごい値上げになるんですけど。

    • 通りすがりの予想だけど、
      デンチャで代替するかもね。

      そのままでも下関~門司のなら走れるはずですし。

    • いずれ貨物線になったりな>関門トンネル区間
      つう訳で門司港までお越しの上、便利な関門汽船をご利用下さい()

    • しゃーねー。
      ディーゼルでも持ってくるか・・・。

      本当に門司~下関を往き来するだけだな。
      お約束の単行にワンマンか・・・?

    • すでにJR西日本的にはJR九州にぶん投げとりますが……。下関駅はSUGOCA区間だし、そもそも発足当時からにしても山陰線からの一部ディーゼル以外はJR九州からの交直流車しか走ってなかったし、ブルトレ(ほぼ専用)関門用電気機関車はJR九州所属車でしたし……。まぁDENCHAで、て話だろうなぁ。
      JR西日本はサンダーバード用681/683系と北陸走ってる521系以外で交直流車持ってないし、今手持ちの521系は北陸新幹線敦賀延伸以降の福井県三セクとIRいしかわ鉄道にお買い上げいただくための車両だしわざわざ下関に移す気もないだろうしね。

  2. 奇をてらった内装シートは目がチカチカしていらつく。
    落ち着きがないデザインに思えるが、
    これって自分だけかね?

  3. つい先日も工場から出る415系の綺麗な更新車を見かけましたが、あれが最後くらいなのでしょうかね?
    あの土臭いコンプレッサーの起動音に国鉄風流を感じますね。