日本初、再生エネルギー100%で電車運行 東急世田谷線が水力・地熱の電力で走る!

東急電鉄が東北電力、東急パワーサプライと協力し、再生可能エネルギー100%の電力で世田谷線の運行を開始。全列車で年間を通じて水力・地熱由来の電力を使うことで、年間1263トンの二酸化炭素排出量をゼロにします。

「低炭素・循環型社会」を推進

 東急電鉄が2019年3月25日(月)、東京都世田谷区内を走る世田谷線で、再生可能エネルギー100%の電力による運行を開始しました。

Large 190325 setagayasen 01

拡大画像

再生可能エネルギー100%の電気で運行を開始した東急世田谷線(2019年3月25日、伊藤真悟撮影)。

 東急電鉄は、2018年度からの中期3か年経営計画で、重要テーマのひとつに「低炭素・循環型社会」を掲げており、今回の取り組みはその一環です。東北電力と東急パワーサプライが協力します。

 東北電力と同社グループは、山形県の大越発電所(水力)や岩手県の松川地熱発電所などで、二酸化炭素排出ゼロの「再エネ電気」を発電しています。東急パワーサプライは、東北電力の取次事業者としてこの取り組みに参加し、東急電鉄に再エネ電気を供給。世田谷線はこの電力で走ります。東急電鉄、東北電力、東急パワーサプライによると、都市型の鉄軌道線(鉄道や路面電車)を、通年、全列車、再エネ100%で運行するのは日本初といいます。

 この日、世田谷線の三軒茶屋駅では出発式が開催されました。東急電鉄の巴 政雄副社長は「この取り組みが、みなさま1人1人が『低炭素・循環型社会』をより身近なものとして考えていただくきっかけとなれば幸いです」と話しています。

 世田谷線は、三軒茶屋駅と下高井戸駅を結ぶ5kmの路線で、2017年度の1日平均利用者数は約11万5000人です。同路線では従来、電力使用で年間1263トン(東京ドーム約0.52個分〈2018年度見込み〉)の二酸化炭素を排出してきましたが、今回の再エネ100%化により排出量はゼロに。東急電鉄は、環境に配慮した街づくりを推進し、沿線価値の向上に取り組んでいくとしています。

【了】

【写真】再エネ100%の電力で走る世田谷線の電車

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190325 setagayasen 02
  • Thumbnail  b4a4516
  • Thumbnail  b4a4528
  • Thumbnail  b4a4541
  • Thumbnail 190325 setagayasen 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 日本がエネルギー輸出国になる日は近いのかも