ANA「空飛ぶウミガメ」A380型機内を取材! 搭乗すると木目調 ハワイ専用機らしい空間

ANAが東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線で運航を始めるエアバスA380型機「フライングホヌ」。カウチシート、ペアシート、木目調や青空、星空など、機内は「ハワイ専用機」らしい空間になっていました。その設備を解説します。

機内に階段がある2階建て客室

 ANA(全日空)が2019年5月24日(金)より、日本の航空会社として初めて運航する世界最大の旅客機「エアバスA380」。2階建て構造で、520席も備えられているその巨大な機体の内部が成田空港で2019年4月23日(火)、初めて報道陣へ公開されました。

Large 190423 380 01

拡大画像

ANAのエアバスA380型機「フライングホヌ」初号機。今後、あと2機が導入される(2019年4月23日、恵 知仁撮影)。

 このA380型機は、東京(成田)~ハワイ(ホノルル)線に就航。ハワイで神聖な生き物とされる「ホヌ(ウミガメ)」にちなんだ「FLYING HONU(フライングホヌ)」という愛称を持ち、そうした特別塗装が外観に施されています。

 機内も「ハワイ専用機」らしく、日本の航空会社で初となるカウチシートの導入などリゾート利用を想定したものになっているほか、乗降ドア付近やギャレーが木目調のデザインだったり、客室前後の仕切り壁に青空や星空が描かれていたりと、搭乗の瞬間から「普通とは違う」を感じられるものでした。

 なお、同機のサイズは全長72.7m、全幅79.8m、全高24.1m。LCCでも多く使われている小型のエアバスA320型機は、それぞれ37.6m、34.1m、11.8m、166席です(数値はANAのA320)。

【写真】機内に入ると木目調! ANAのA380「フライングホヌ」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント