第3回「秘境小幌フォトコンテスト」開催! 小幌駅などの写真を募集 ウェブ応募可に

「秘境駅」の写真コンテストを開催!

Large 190426 koborophoto 01
第3回「秘境小幌フォトコンテスト」のチラシ(画像:噴火湾とようら観光協会)。

 北海道の豊浦町は2019年4月25日(木)、第3回「豊浦町 秘境小幌フォトコンテスト」を開催すると発表しました。

 同町は“秘境駅”として知られる室蘭本線の小幌駅について、維持・管理費を負担することで観光振興の拠点として活用しています。最初のコンテストは2017年に開催。今回も、小幌駅や、周辺にある小幌洞窟、断崖に囲まれた入り江などの「小幌エリア」で撮影された写真が募集されます。撮影時期は不問。

 選考委員は、鉄道写真家の矢野直美さんや、北海道鉄道観光資源研究会の永山 茂代表、豊浦町の村井洋一町長ら6人です。応募作品のなかから最優秀賞1点、優秀賞最大6点、入選最大12点が選ばれ、それぞれの応募者には賞に応じて豊浦町の特産品が贈られます。

 作品の応募は、噴火湾とようら観光協会に郵送か、同協会ウェブサイトの特設ページから可能。応募期間は5月1日(水・祝)から10月31日(木)までです。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント