上越新幹線スピードアップ工事に着手 最高速度275km/h、大宮~新潟間で7分程度短縮

上越新幹線の速度向上工事が2019年5月中旬から始まります。工事完了後の最高速度は275km/hに。車両もE7系に統一されます。

吸音板設置や防音壁かさ上げなど

 JR東日本は2019年5月8日(水)、上越新幹線の速度向上に取り組むと発表しました。最高速度がいまより35km/h引き上げられ、275km/hになります。

Large 190508 joetsu275km 01
北陸新幹線を走るE7系電車。275km/hへの速度向上が計画された上越新幹線の列車は2022年度末にE7系に統一される予定(画像:photolibrary)。

 JR東日本によると、最高速度が275km/hになるのは上越新幹線の大宮~新潟間。2019年5月中旬からおおむね4年程度、速度向上のための地上設備の工事が行われる予定です。吸音板を約7kmにわたって設置するほか、防音壁のかさ上げも約12kmにわたって行われます。

 現在、上越新幹線の列車は大宮~新潟間を最短1時間14分で走り、東京~新潟間は最短1時間37分で結んでいます。最高速度の向上により、所要時間は大宮~新潟間で最大7分程度短縮。大宮~高崎間に乗り入れている北陸新幹線の列車も、最大2分程度の短縮が見込まれています。また、すでに速度向上のための工事が始まっている東北新幹線の上野~大宮間では、最大1分程度の時間短縮が見込まれています。

 275km/hでの運転に対応するのはE7系電車です。上越新幹線では現在、E7系のほかE2系やE4系が運転されていますが、JR東日本は2022年度末に上越新幹線のすべての列車をE7系に統一するとしています。

【了】

※誤字を修正しました(5月8日15時11分)

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190508 joetsu275km 02
  • Thumbnail 190508 joetsu275km 01

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 最初のサブタイトルが「防音駅かさ上げ」になっています。

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。

  2. 列車限定だが、元々200系の時代に大清水トンネルで275㌔を出していたから今さらっ感じ。
    それよりも上野~大宮の速度制限をいい加減になんとかならんのか?

    • あれはごくごく一部の下り勾配区間限定でしたからね。
      今回は上越全区間対象ですから意味が違いますよ。

      大宮以南はもう1本地下線で掘らないと何ともならないでしょう。

  3. 大宮を通過すれば、2~3分短縮できると思う。費用も掛からないでしょ。
    全部止める必要なんてない。

    • 埼玉県民をナメないで頂きたい。

    • 一旦停車したら再び通過運転するようになったとこってどこにもないんだよね。
      どこの特急でも毎年停車駅が増えるばかり。なぜかって言ってたら下り方の終点の行先が人口減少してるから。

      埼玉県民をナメるなもそうだが、埼玉には新潟出身の人が多く住んでる。その人たちもないがしろにしてしまうな。
      あとストロー効果是正もそうだろう。新潟県民が東京へいってしまうのを大宮で食い止める。
      JR東日本も東京一極集中がこれ以上進むとますます上越新幹線の収益が悪化してしまうからね