釧網本線の旅を便利に 周遊パス「ひがし北海道ネイチャーパス」通年販売開始 ウィラー

季節販売から通年販売になりました。

 ウィラーとJR北海道は2019年5月9日(木)、これまで季節的に販売されていた釧網本線沿線の周遊パス「Eastern Hokkaido Nature Pass(ひがし北海道ネイチャーパス)」を、同日から通年販売すると発表しました。

Large 190510 willer 01
「Eastern Hokkaido Nature Pass(ひがし北海道ネイチャーパス)」のイメージ(画像:ウィラー)。

 同商品は釧網本線を主軸に、そこから離れた目的地とを路線バスなどでシームレスにつなぐことを目的とした商品。概要は次のとおりです。

●基本プラン
・料金:「JR釧網本線3日間プラン」8900円、「JR釧網本線4日間プラン」大人9900円(いずれも税込み、子供は半額)
・内容:JR釧網本線フリーパス(3日間または4日間)、斜里バス路線2回乗車券、あばしり観光施設めぐりバス(網走バス)1日乗車券、阿寒バス摩周線2回乗車券

 ネイチャーパス購入者はこのほか、次のような交通手段とアクティビティを割引料金で利用することができます。

●交通
・トヨタのパーソナルモビリティ「i-ROAD」(ウトロ、清里エリア)
・観光タクシー(釧路・知床・網走エリア)
・周遊バス「阿寒ビークル」(摩周・屈斜路湖エリア周遊、摩周~阿寒湖への往復、オンネトー周遊)

●アクティビティ
・釧路湿原カヌー体験
・馬とふれあいホーストレッキング(屈斜路湖周辺)
・朝の知床ジェニックスポット巡り(ウトロ周辺)

 なお、購入はインターネットの予約サイト「ウィラートラベル」で可能。JRの窓口などでは購入できません。販売期間は「3日間プラン」が2019年10月29日、「4日間プラン」が10月28日までで、いずれも利用期間は2019年7月から10月までのあいだ。冬期間に向けては、商品内容を変えて販売される予定です。

 ウィラーによると、この商品は地元の食品提供者やお土産屋、体験アクティビティ事業者などからも賛同を集めており、食事や体験の割引クーポンが提供される施設もあるとのこと。「今後は、様々な交通やアクティビティを増やし、より便利で充実した内容の商品を提供していきます」としています。

【了】

【画像】追加料金で選べる「交通」「アクティビティ」の例

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190510 willer 02
  • Thumbnail 190510 willer 03
  • Thumbnail 190510 willer 01

最新記事

コメント