SUV向け全天候型オールシーズンタイヤ「CELSIUS」8月発売 トーヨータイヤ

左右非対称パターンを採用!

Large 190603 toyocelsius 01
SUV向け全天候型オールシーズンタイヤ「CELSIUS」のイメージ(画像:トーヨータイヤ)。

 トーヨータイヤは2019年5月31日(金)、SUV向け全天候型オールシーズンタイヤ「CELSIUS(セルシアス)」を8月1日(木)に発売すると発表しました。

 同社は、オンロード向けの「PROXES(プロクセス)」、オフロード向けの「OPEN COUNTRY(オープンカントリー)」といったふたつの製品シリーズを「TOYO TIRES」ブランドから展開しています。

 今回、国内市場に向けて発売される「CELSIUS」は、2015年より北米をはじめヨーロッパに投入されていた製品です。オールシーズンタイヤとして、降雪路面においてしっかり走れるスノー性能とドライ・ウエット性能を最大限に発揮する非対称パターンが採用されています。

 トーヨータイヤは「CELSIUS」について、突然の降雪でも安心感のある走行ができるタイヤとして支持されており、都心でも増えているSUVユーザーに喜んでもらえる新カテゴリーとして、潜在的な顧客開拓を図っていくとしています。

 サイズは全6種類。価格はオープン価格です。

【了】

テーマ特集「【タイヤ特集】交換時期からメンテナンス方法までクルマのタイヤを徹底解説 購入・交換時に役立つタイヤチェーンやパンク対策情報も」へ

【画像】左右非対称「CELSIUS」の特徴

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 左右非対称ならレグノやプレイズもそうじゃなかったっけか?
    ん~、どうもSUVを勘違いされているユーザーが多いのには驚きだが一般的な利用でワザワザ最低地上高を持ち上げた車が安定傾斜角度が削がれてしまうことを皆さんご存じなのだろうか?
    専用タイヤとは言えせいぜい許容限度の幅を広げた程度で専用がドライブに左右するとは思えんのだけど?
    タイヤメーカーも高級車には高級タイヤと言った化石に等しい考えが未だに根付いているようだが
    仮にセルシオやレクサスLSクラスに対応したプリジストンのエコピアシリーズがあれば意外に良いのではないかとも思うし。
    どうも富裕層から部品ですら高級思考でボッタクルような考えはよろしくないと思いますが?