東武東上線に新駅設置へ ホンダと連携、東武竹沢~男衾間に2020年秋開業

ホンダの寄居工場近くに開設!

Large 190603 tobutjsta 01
ホンダの寄居工場と東武東上線の新駅設置位置(画像:東武鉄道)。

 東武鉄道は2019年6月3日(月)、ホンダと連携し、2020年秋に東上線の東武竹沢~男衾(おぶすま)間に新駅を開業すると発表しました。

 東武竹沢~男衾間はホンダ埼玉製作所寄居完成車工場に隣接しています。ホンダが寄居工場への集約を発表した2017年10月以降、東武鉄道とホンダは、工場へのアクセス向上や、周辺の円滑な交通環境の維持、環境負荷軽減を目指し、協議を重ね、新駅を開業することになったとしています。

 駅は、東上線の起点である東京の池袋駅から約69km付近、埼玉県寄居町大字富田地先に開設。現在の線路1本に、プラットホーム1面が設けられる計画です。東武東上線における新駅は、2002(平成14)年3月26日開業のつきのわ駅(埼玉県滑川町)以来です。

 新駅設置に向けて、工場勤務者らの利用促進策や、沿線用地を活用したパーク&ライドなどが検討される予定。新駅の名称なども、今後決まり次第告知されます。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 隣接するホンダの自動車工場への通勤利便性向上。
    通勤時間帯には周辺道路で渋滞が発生しており、
    22年に同工場への狭山工場からの製造機能集約も予定されていることから、
    従業員の鉄道利用を促進させる。