阪神の神戸三宮駅1・3番線に可動式ホーム柵設置へ

阪神電鉄が、神戸三宮駅の1番線と3番線に可動式ホーム柵を設置します。2021年春ごろ稼働を始める予定です。

従来型と大開口型のホーム柵

 阪神電鉄は2019年6月11日(火)、神戸三宮駅の1番線と3番線に可動式ホーム柵を設置すると発表しました。

Large 190611 hsdoor 01
可動式ホーム柵の設置イメージ(画像:阪神電鉄)。

 駅ホームからの転落事故などを防止するためで、2021年春ごろの完成を予定しています。

 ホーム柵のタイプは、二重引き戸の大開口型と、一部の範囲で一重引き戸の従来型。可動扉部は一部透過型です。

 なお2番線は、阪神に加え扉位置が異なる近鉄の車両が発着するため、現時点ではホーム柵の設置が技術的に困難とのこと。阪神電鉄は、今後も設置に向けた検討を続けるとしています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190611 hsdoor 02
  • Thumbnail 190611 hsdoor 01

最新記事

コメント