ANAが「MaaS推進部」設置 「シームレス・ユニバーサルな移動体験の創出」目指す

ANAが「MaaS推進部」を新設。デジタルテクノロジーなどを生かし交通・情報・サービスを連携して、すべての利用者が出発地から目的地へ、シームレス・ユニバーサルに移動できることを目指すといいます。

横断的なプロジェクト体制を組織化

 ANA(全日空)が2019年7月1日(月)付で、MaaS(Mobility as a Service)を推進する専門組織「MaaS推進部」を新設します。

Large 190625 maas 01
ANAのMaaS(Mobility as a Service)のイメージ(画像:ANA)。

 MaaSは「出発地から目的地までの移動ニーズに対して最適な移動手段をシームレスに一つのアプリで提供するなど、移動を単なる手段としてではなく、利用者にとっての一元的なサービスとして捉える概念」(国土交通省によると)。ANAのMaaS推進部は、デジタルテクノロジーなどを活用した地上交通、地域交通間の情報、サービスなどを連携して、国内外すべての利用者に対して出発地から目的地へ、シームレス・ユニバーサルに移動できることを目指すといいます。

 これまでANA内の関係部署による横断的なプロジェクト体制で進めてきた取り組みを組織化することで、ANAの目指すMaasの実現に向けた動きを加速化させるとしています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント