白バイならぬ「赤バイ」増加のワケ あれやこれやの任務で活躍 災害対応に存在感

【写真】真っ黄色な「黄バイ」も その任務は?

Large 190704 akabai 03

拡大画像

首都高のパトロールバイク、通称「黄バイ」。全長18kmにもおよぶ山手トンネル区間の通行止め規制や現場の避難誘導を担う(2018年5月、中島洋平撮影)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. こんな小道具でしか小回りが効かないような場所の地形や街作りに消防許可を出したのは君ら消防組織だからね
    移動タンクの設置検査なんて現地に出向いても書面審査だけだもんね
    あんな検査なら警察の車庫証明の委託業者と何ら変わりはないね。

  2. 消防の赤バイは緊急車両として扱われているのだろうか?

    あと、郵便配達の赤いバイクと一般の人は区別できるのだろうか?
    (オフローダーの郵便配達は見たことないけど、判らない人には判らないだろうな)