持ち運べる新型オービス、取締りどう変わる? 住宅街も運用可能、警察は大いに期待

自動速度違反取締装置、いわゆるオービスの新型が登場しています。神奈川県警がまもなく導入する新型は持ち運びも可能で、これまで取り締まりが行われなかったような場所でも実施される見込みです。

持ち運び可! 測定から写真撮影まで自動で

 速度違反を自動で取り締まる自動速度違反取締装置、いわゆるオービス(「オービス」はボーイングの商標)の新型が登場しています。

Large 180126 obis 22
自動速度違反取締装置のイメージ(画像:写真AC)。

 従来の自動速度違反取締装置の多くは、柱の上や路肩の外に設置された固定式のもので、設置箇所の直前には「自動速度取締機設置区間」といった警告標識が設置されているケースもあります。これに対し、警察庁が発表している「新型」はいくつかの種類がありますが、いずれも小さく軽量で、一部は持ち運びも可能。神奈川県警では、この持ち運びが可能な新型の運用を2017年度内にも開始する予定だといいます。同県警交通指導課に話を聞きました。

――導入する新型の自動速度違反取締装置は、どのようなものでしょうか?

 持ち運びできるため、従来よりも臨機応変な取り締まりが可能になります。速度測定から写真撮影まですべて自動で、違反者には後日、呼び出し通知(出頭命令)を自宅に送付します。

――どのような場所で使用するのでしょうか?

 おもに生活道路での取り締まりに使用します。通学路や、住民の方から(通過車両のスピードに関する)ご意見が寄せられている箇所、事故が多発している箇所などです。

――既存の自動速度違反取締装置を置き換える目的もあるのでしょうか?

 いえ、路上に設置された固定式の自動速度違反取締装置とは目的が異なります。イメージとしては、随時実施している速度取締りにおいて使用する速度測定機に、写真撮影機能などが備わったというところです。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180126 obis 03
  • Thumbnail 180126 obis 22
  • Thumbnail 180126 obis 02

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 似たようなものを設置して抑止力を期待する、という自治体が出てくるかも。って、下手すれば屋外防犯カメラ連動型も出てくるかも。

  2. トップの写真、どうみてもNシステムなんだけど。

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。

  3. 移動式オービスがあれば、何処でも撮影できるから速度抑止に期待できるのは確か。
    ロシアでは何かにカモフラージュしたオービス多いからな。

  4. また取り締まりの為の取り締まり装置か、確か?議会でも取り上げられたよね?総重8トン超のトラックに速度抑制装置を付けたように抑制効果と言うなら乗用車にも抑制装置付けたらどうよ、サーキットみたいに出せる環境や法定、制限を車に検知させて追ってそれ以上の速度を抑制させるとか、自動運転を見越すならこれくらいやらないとダメなんじゃないの?アホみたいに高性能を売りに世に出した車が違反してもらわにゃ成り立たん取り締まり自体を見直す時期なんじゃないの?

  5. 取り締まり予告の看板もやはり可搬式のものが作られるのでしょうか