「元・駅長宿舎」がホテルに JR肥薩線の矢岳駅、築110年の古民家を再生「8月は満室」

JR肥薩線の矢岳駅に隣接する築110年の旧駅長宿舎が、リノベーションを経て古民家ホテル「星岳・月岳」としてオープン。自然豊かな場所に位置し、和室や縁側、ひのき風呂などを備えた懐かしい「大人の隠れ家」のような施設です。

文化財指定の駅施設を3000万円でリノベ

 2019年8月2日(金)、JR肥薩線の矢岳駅(熊本県人吉市)に隣接する旧矢岳駅長宿舎をリノベーションした古民家ホテル「星岳(ほしたけ)・月岳(つきたけ)」が開業します。これに先駆けて7月26日(金)、ホテルを運営するクラシックレールウェイホテルが報道機関向けに公開しました。

Large 190729 jrqyatake 01

拡大画像

肥薩線の矢岳駅(2019年7月26日、皆越和也撮影)。

「星岳・月岳」は、2018年9月に隣の大畑(おこば)駅前に開業したフレンチレストラン「囲炉裏キュイジーヌ ループ(LOOP)」と連携したオーベルジュ(宿泊施設を備えたレストラン)です。

 肥薩線は1909(明治42)年、福岡と鹿児島を結ぶ鹿児島本線(当時)として開業。大畑駅や矢岳駅は当時の駅舎が残っており、現在は無人駅ですが、地元の人々により大事に扱われています。今回オープンする古民家ホテルは、矢岳駅開業当時に建てられた駅長宿舎と隣の建物を3000万円かけてリノベーションし、「星岳」(宿舎、102平方メートル)、「月岳」(66平方メートル)としました。宿舎は登録有形文化財に指定されており、外観は30%以上を変えられないとのことですが、内装は和モダンで快適に過ごせるよう仕上げてあります。

【写真】「星岳」室内や「ループ」のディナー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント