F-14も飛んだ! 『トップガン』続編予告を読み解く 階級、乗機…「撃墜数」は意味深?

大ヒットした前作から30年あまり、『トップガン マーヴェリック』の予告編が公開されました。かなりの情報量が詰め込まれている2分15秒の動画から読み取れるものを解説します。なお、バイクは相変わらずカワサキ党でした。

公開1週間で2000万再生

 2019年7月19日(金)、2020年公開予定の戦闘機映画『トップガン マーヴェリック』の最新予告編動画がYouTubeにおいて公開されました。1986(昭和61)年に公開された伝説的な戦闘機映画『トップガン』の続編とあって、わずか1週間のうちに2000万回も再生されるなど、世界中で話題となっています。また日本語字幕版もアップロードされました。

Large 190729 topgun2 01

拡大画像

アメリカ海軍の空母「カール・ヴィンソン」から離陸するF/A-18E「スーパーホーネット」。『トップガン マーヴェリック』での主役機と見られる(画像:アメリカ海軍)。

 前作『トップガン』はF-14「トムキャット」艦載戦闘機のエビエイター(「飛行士」の意。アメリカ海軍の伝統的呼称)であるトム・クルーズ演じるピート・ミッチェル大尉、通称「マーヴェリック」の成長を描いた物語であり、その舞台はサンディエゴ郊外に位置するミラマー海軍航空基地(カリフォルニア州)に実在した、アメリカ海軍戦闘機兵器学校「トップガン」でした。

 予告編を見るかぎり今回も主役はマーヴェリックであるようですが、30年以上という歳月は様々な変化をもたらすには十分すぎる長さだったようです。まず、予告編の最後にもチラリと姿を見せたF-14戦闘機は、可変後退翼を持った「カッコいい変形メカ」としてその人気を不動のものとしていましたが、2006(平成18)年にアメリカ海軍からは全機が退役しています。本作でマーヴェリックは、変形メカではないF/A-18E「スーパーホーネット」のエビエイターとなっています。

 また前作の導入部とクライマックスに登場した原子力空母「エンタープライズ」も、2016年に退役し現在は解体が進んでいます。そして現実のトップガンも今やミラマー航空基地にはなく、ファロン航空基地(ネバダ州)へ移転してしまっています。

【写真】リアル「トップガン」出身の「エース」

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190729 topgun2 04
  • Thumbnail 190729 topgun2 01
  • Thumbnail 190729 topgun2 02
  • Thumbnail 190729 topgun2 03

最新記事

コメント