これも地産地消か エリア51ほど近く、世界中のUFOファン集う「エイリアンのお宿」とは

米ネバダ州レイチェルは、人口50人あまりの集落です。周囲は見渡す限りの荒野、小規模な牧畜が営まれている程度で特に産業も見られませんが、他方、世界中から人が集まる場所でもあります。そう、エリア51とUFO、そしてエイリアンです。

政府も存在を認めた「エリア51」の近くに

 ネバダ州にあるUFOファンの聖地「エリア51」。過去に多数、未確認飛行物体の目撃情報が発信された場所として、UFO好きでなくとも一度は聞いたことがある地名でしょう。長らくアメリカ政府はその存在を認めてきませんでしたが、2013年8月15日、一転してこれを認めると、世界中のUFOファンのあいだで大きなニュースとして伝えられました。

Large 190410 ray 01

拡大画像

ネバダ州レイチェルの名物モーテル「リトル・エイリ・イン」。レストランバーを併設し、みやげ物も販売している(武若雅哉撮影)。

 そのエリア51から北へ45kmほどの位置に、レイチェルという集落があります。人口54人(2010年国勢調査による)というごく小さな集落ですが、ここには昔から、数多くのUFO情報がもたらされています。その中心は、UFOファンの聖地とも呼ばれる「リトル・エイリ・イン(Little A`Le`Inn)」というモーテルです。

Large 190410 ray 02 Large 190410 ray 03 Large 190410 ray 04

拡大画像

拡大画像

拡大画像

パッと見は普通の一軒家のようなリトル・エイリ・イン(武若雅哉撮影)。
レストラン兼おみやげ店の店舗入り口(武若雅哉撮影)。
UFOを吊り上げるトラック。レイチェルの日常光景(武若雅哉撮影)。

 このモーテルは平屋の一軒家で、遠くから見ると特に変わった様子はありません。しかし近寄ってみると、いたるところにUFOやエイリアンに関するイラストや文字が描かれていました。

この記事の画像をもっと見る(15枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190410 ray 15
  • Thumbnail 190410 ray 01
  • Thumbnail 190410 ray 02
  • Thumbnail 190410 ray 03
  • Thumbnail 190410 ray 04
  • Thumbnail 190410 ray 05
  • Thumbnail 190410 ray 06
  • Thumbnail 190410 ray 07
  • Thumbnail 190410 ray 08
  • Thumbnail 190410 ray 09
  • Thumbnail 190410 ray 10
  • Thumbnail 190410 ray 11
  • Thumbnail 190410 ray 12
  • Thumbnail 190410 ray 13
  • Thumbnail 190410 ray 14

最新記事

コメント