ジップエア、成田は第1ターミナル北ウイング使用 2020年5月就航へ JALの新LCC

JALが設立した新LCCのジップエアが、成田空港第1ターミナル北ウイングの使用を決定。あわせて、同社の本社所在地も同ターミナル内に移転しました。

本社所在地も移転

 JAL(日本航空)が設立した国際線中長距離LCC(格安航空会社)のZIPAIR Tokyo(ジップエア トーキョー)と、成田国際空港は2019年8月1日(木)、成田空港でのジップエア使用ターミナルを第1ターミナル北ウイングに決定したと発表しました。

Large 190802 zip 01
ジップエアのボーイング787-8型機の模型(2019年4月11日、伊藤真悟撮影)。

 成田空港第1ターミナルの北ウイングは現在、デルタ航空、KLMオランダ航空、大韓航空などおもに外国の航空会社が使用しています。なお、JALは第2ターミナルを使用しており、ジェットスター・ジャパンやスプリング・ジャパン(春秋航空日本)などLCCの多くは、第3ターミナルを使用しています。

 また、ジップエアは8月1日(木)付で、本社所在地をJAL本社内から成田空港第1ターミナル内に移転しました。

 ジップエアは2020年5月14日(木)から成田~バンコク線、7月1日(水)から成田~ソウル(仁川)線でそれぞれ運航を開始する予定です。機材は搭載のボーイング787-8型機(290席)を使用します。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190802 zip 02
  • Thumbnail 190802 zip 01

最新記事

コメント