ANA「スーパードルフィン」ボーイング737-500型機が退役へ 就航から四半世紀

ANAグループのボーイング737-500型機が退役します。愛称は機体の形状から付いた「スーパードルフィン」。エンジンカウルに描かれたイルカが特徴です。退役記念イベントの第1弾として、ファン感謝祭が行われます。

ファン感謝祭の参加は無料

 ANAホールディングスは2019年8月19日(月)、同グループが保有するボーイング737-500型機全6機を、2020年上期をもって退役させると発表しました。

Large 190819 b735 01
エンジンのイルカが特徴(画像:ANA)。

 ANAグループのボーイング737-500型機の愛称は「スーパードルフィン」。1995(平成7)年に、当時のエアーニッポン(現在のANAグループ)で就航以来、およそ四半世紀にわたって運航されています。

「スーパードルフィン」の愛称は社内公募で集まった1408点のなかから選ばれました。機体の形状がイルカそっくりなところや、小回りが利いて高速感があることなどが決定の理由といいます。「ドルフィン=イルカ」のとおり、エンジンカウルにイルカのイラストが描かれているのが特徴です。

 退役に先駆け、記念イベントも順次開催される予定。その第1弾として、9月28日(土)18時から福岡空港でファン感謝祭が行われます。セミナーや機内食提供のほか、機内見学や搭乗体験も予定されています。参加は無料で、50人を募集(多数の場合は抽選)。応募は9月8日(日)17時まで、メールで行われます。

【了】

【写真】約四半世紀飛んだ「イルカ」!ANAのB737-500型機

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190819 b735 02
  • Thumbnail 190819 b735 03
  • Thumbnail 190819 b735 01

最新記事

コメント