圏央道の未開通区間「藤沢~横浜」開通見通し困難に 工事に課題

土中のメタンガス濃度が高い区間での施工方法などが課題になっています。

 国土交通省関東地方整備局とNEXCO東日本は2019年8月28日(水)、圏央道の未開通区間である「横浜湘南道路」(藤沢IC~栄JCT)、「横浜環状南線」(戸塚IC~栄JCT~釜利谷JCT)の関係機関と「第1回神奈川県圏央道連絡調整会議」を開催し、現時点において両路線とも、開通時期を見通すことが困難であるとの見方を示しました。

Large 190829 ken o 01

拡大画像

矢印の箇所が、圏央道の未開通区間である「横浜湘南道路」および「横浜環状南線」(画像:NEXCO東日本)。

 両路線は、圏央道と横浜横須賀道路、ひいては首都高湾岸線をつなぐ道路であり、圏央道に通じる東名や新東名の渋滞緩和効果も期待されているものです。これまでは両路線とも「土地収用法に基づく手続きによる用地取得等が速やかに完了する場合」との条件付きで、2020年度の開通予定とされていました。現時点で用地取得率は99%に達し、トンネルなどの工事も進んでいるとのことです。

 しかし、横浜湘南道路は藤沢側に土中の可燃性ガス(メタンガス)濃度が高い区間があり、そのなかで2基のシールドマシンが掘ったトンネルを地中で接合させるため、安全な施工について検討が必要だとしています。また、過去に他県で起きた工事中のトンネルの崩落事故を受け、トンネル内壁(セグメント)厚さの基準が見直されたことにより、施工管理などについて検討が必要となったことも課題に挙げています。

 横浜環状南線では、釜利谷JCT付近の住宅街を通るトンネルで、地表への影響を低減すべく施工方法を変更したことにともない、より安全に施工するための方法について検討が必要だそうです。

 関東地方整備局とNEXCO東日本は、これら施工方法などの課題について今後、有識者委員会で技術的な確認を行い、工程などを精査していくとしています。

【了】

【画像】「横浜湘南道路」「横浜環状南線」工事の進捗

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190829 ken o 02
  • Thumbnail 190829 ken o 03
  • Thumbnail 190829 ken o 04
  • Thumbnail 190829 ken o 05
  • Thumbnail 190829 ken o 01

最新記事

コメント