JAL初の新造エアバスA350-900 馴染みのボーイング機と操縦どう違う? パイロット語る

副部長が考える、A350-900型機の一番の進化とは?

――A350-900型機で一番進化したところはどこでしょうか。

杉本副部長:何よりキーボードの導入は大きな違いです。エアバスのなかでも、コクピットにキーボードを取り入れているのは数機種しかないと思います。「すごい」と思ったことは、A350-900型機は自動ブレーキ(BTV)を備えていることです。「着陸したあとこの位置で滑走路から離れたい」とセットすると、着陸時にそれに合わせてブレーキをかけてくれます。

※ ※ ※

 JALはボーイング777シリーズの後継として、「A350 XWBシリーズ」のA350-900型機と、長胴型にあたるA350-1000型機を、国内幹線から導入します。

Large 190828 a359cap 05

拡大画像

A350-900型機の機首部分を入口から(2019年8月27日、乗りものニュース編集部撮影)。

 JALのA350-900型機の訓練飛行は、2018年12月から開始。シミュレーターでの訓練を経て、実機でテストフライトを行い、順次、機長認定される予定です。現時点では、20人弱が同型機の機長認定を受けているといいます。

 A350-900型機のエンジンは、質問に答えたパイロット全員が「静かだった」と評価します。「静寂性はコクピットで感じるほど静かです」(南雲恒昌機長)、「過去に乗ったエアバスA320型機も静かだなと感じましたが、A350-900型機はそれ以上です。ぜひ一度乗っていただき、快適性を実感していただければと思います」(杉本 恒副部長)。

 A350-900型機は、9月1日(日)に羽田~福岡線でデビュー予定。その後10月27日(月)から羽田~新千歳線に、2020年2月1日(土)から羽田~那覇線にそれぞれ投入される予定です。

【了】

※一部誤字を修正しました(8月31日18時31分)。

【写真】キーボードにスラストレバー! JAL初のエアバス導入機

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント