JALのA350-900型機ついに就航! 導入決定から6年、JAL会長が語るエアバス機導入のワケ

JALが新たに導入する「エアバスA350 XWB」シリーズの初号機、A350-900型機「『挑戦』のレッド」が就航。出発前のセレモニーでは、パイロット出身のJAL植木義晴会長がエアバスを導入した経緯や理由を明かしました。

次世代のJALフラッグシップ機

 JAL(日本航空)が2019年9月1日(日)、国内線用最新鋭機「エアバスA350-900型機」の運航を羽田発、福岡行きのJL317便で開始。羽田空港で就航セレモニーを開催しました。

Large 190901 jl317 01

拡大画像

出発を控えたA350-900型機のJAL初号機(2019年9月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 A350-900型機は「エアバスA350 XWBシリーズ」のひとつです。2013(平成25)年10月にJALは初めてエアバス社から「A350 XWBシリーズ」の導入を決定。JALの主力機種であるボーイング777シリーズの後継として、国内幹線から順次導入する計画します。

 今回初便に使われたのは、A350-900型機の初号機(機番:JA01XJ)です。「『挑戦』のレッド」をテーマにした特別塗装機で、機体後部には赤い字で「AIRBUS A350」と大きく書かれています。

4日まで羽田空港で座席を展示

 就航セレモニーに出席したJALの植木義晴会長は、「トゥールーズ(フランス)から東京へのフェリーフライト(回送運航)に乗ったとき、12時間の飛行時間でしたが、静かで快適だったことを覚えています。日本初導入のA350 XWBシリーズは、これからJALのフラッグシップを担っていきます」と話します。

Large 190901 jl317 02

拡大画像

A350-900型機の座席。2019年9月4日まで展示される(2019年9月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 セレモニーには、エアバス社のクリスチャン・シェラーCCO(最高商務責任者)、ロールスロイス・ジャパンの露久保治彦社長らも参加しました。なお、羽田空港でJALが拠点としている第1ターミナル内の「マーケットプレイス」では、9月4日(水)まで、JALのA350-900型機の座席が展示されます。

【写真特集】「鶴丸」のエアバスA350 XWB、ついにデビュー!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント