JAL初「国内線ボーイング787-8」登場 国際線機とここが違う 「日本の伝統美」テーマ

JALが初めて導入するボーイング787-8型機の国内線仕様機。国際線ではなじみ深い同型機、外観は同じですが、機内には「国内線」仕様ならではの違いも見られました。機内設備や座席も、最新のものを装備します。

国際線仕様機との違いは「機内」にあり

 JAL(日本航空)が2019年10月16日(水)、国内線仕様で新造されたボーイング787-8型機(機番:JA846J)を報道陣に公開しました。JALのボーイング787-8型機は、国際線仕様機が25機(2019年6月時点)運航されていますが、国内線仕様機は今回が初です。

Large 191016 787d 01

拡大画像

JAL国内線仕様のボーイング787-8型機(2019年10月16日、乗りものニュース編集部撮影)。

 外観は国際線仕様機のボーイング787-8型機と同じで、国内線仕様機用の改修もないとのことですが、機内には国内線仕様機ならではの違いがみられます。

 国内線仕様機の普通席は、国際線仕様機のエコノミークラスと比べて、1席横に多い配置。国際線仕様機のエコノミークラスは横2-4-2列の配置ですが、国内線の普通席は横3-3-3列です。

 また国際線仕様機のJALボーイング787-8型機では、最後部に化粧室がないレイアウトが特徴的ですが、国内線用仕様機では最後部にも化粧室を備えます。

【写真特集】金の鶴丸がお出迎えする「国内線仕様」ボーイング787-8型

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191016 787d 04
  • Thumbnail 191016 787d 11
  • Thumbnail 191016 787d 12
  • Thumbnail 191016 787d 13
  • Thumbnail 191016 787d 21
  • Thumbnail 191016 787d 22
  • Thumbnail 191016 787d 31
  • Thumbnail 191016 787d 32
  • Thumbnail 191016 787d 35
  • Thumbnail 191016 787d 36
  • Thumbnail 191016 787d 37
  • Thumbnail img 2844
  • Thumbnail img 2869
  • Thumbnail img 2888
  • Thumbnail img 2900
  • Thumbnail img 2901
  • Thumbnail img 2902
  • Thumbnail img 2903
  • Thumbnail 191016 787d 01
  • Thumbnail 191016 787d 02
  • Thumbnail 191016 787d 03

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 767の置き換えに使うんだよな?
    777-200の置き換えには使うなよ