渋谷駅東口広場、11月に一部供用開始 都バス案内所や情報発信型カフェもオープン

渋谷駅東口地下広場が間もなく供用開始。地下鉄からJRなどへのルートが完成し、乗り換え時間も短縮されます。また、観光案内機能などを持つカフェや都営バスの定期券発売所兼案内所、公衆便所が整備されます。

壮大な土木環境を広告に活用

 渋谷駅東口地下広場が、2019年11月1日(金)から一部で供用開始されます。

 広場は渋谷駅地下の宮益坂中央改札付近に位置。同日に開業予定の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」方面やハチ公改札方面などとも接続します。地下1階と地下2階で構成され、その間には短めのエスカレーターが設置。これは、天井を流れる渋谷川を避けるために生じた高低差を克服するためです。

 ほかにも、観光案内機能などを持つカフェ「UPLIGHT CAFE(アップライトカフェ)」や都営バスの定期券発売所兼案内所、公衆便所も整備されます。

Large 191030 sign 01

拡大画像

渋谷駅東口地下広場の様子(2019年10月30日、大藤碩哉撮影)。

 供用開始に先立ち10月30日(水)、オープニングセレモニーが開催されました。

 セレモニーに出席した渋谷区の長谷部 健区長は「川の下にできた空間はスペシャルです。谷底地形の渋谷で、渋谷川を東に約35m移設したのは難工事でした。でも関係各位のご尽力で、ここにカフェまで入る広場が誕生しました。地下の新名所を、来訪される方々に覚えてほしい」と話しました。

 また、東急の渋谷開発事業部長 東浦亮典執行役員も登壇。「壮大な土木環境を活かして、天井などに広告を展開します。デジタルサイネージも用い、収益は渋谷のにぎわい創出事業に活用します。エリアマネジメントに期待してください」と挨拶しました。

 広場ができることで、宮益坂中央改札からJR渋谷駅などへのルートが完成し、乗り換え時間も短縮されます。

【写真】インタラクティブミラーでお化粧も

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191030 sign 03
  • Thumbnail 191030 sign 04
  • Thumbnail 191030 sign 05
  • Thumbnail 191030 sign 06
  • Thumbnail 191030 sign 07
  • Thumbnail 191030 sign 08
  • Thumbnail 191030 sign 09
  • Thumbnail 191030 sign 10
  • Thumbnail 191030 sign 11
  • Thumbnail 191030 sign 12
  • Thumbnail 191030 sign 01
  • Thumbnail 191030 sign 02

最新記事

コメント