ドアも柵も全部動く世界初方式のホームドア開発 うめきた新駅に導入へ JR西日本

親扉と子扉、どっちも動きます。

Large 191120 jrwumekita 01

拡大画像

開口部を自在に構成できるホームドアの1次試作機(画像:JR西日本)。

 JR西日本は2019年11月20日(水)、車両のドア位置や編成に応じて開口部を自在に構成できるホームドアの1次試作機が完成したと発表しました。

 2023年春開業予定のうめきた(大阪)地下駅での実現を目指し、世界初方式となるフルスクリーンホームドアの開発が、JR西日本テクシア、ナブテスコと共同で進められています。

 JR西日本は「2031年開業予定のなにわ筋線まで見据えると、入線車種が多様となることが想定されます」と説明。現在稼働中の昇降式ホーム柵や各メーカーが開発を進める新型ホームドアでも対応が困難であるため、車種に応じて自在に開口を構成できるホームドアの構想・開発に着手したといいます。

 構造は、親扉の両側にふたつの子扉を配置したユニットを連続して上部からつり下げるものです。子扉は親扉の裏側に収納されつつ、ユニット自体も左右に動くため、開口部を自在に設定できます。

 車両の形式や編成は、2Dセンサーと車両に搭載したIDタグで判別。ホームドアに人が衝突したときやホームドアと車両のあいだに人が取り残されたときは、モーター過負荷検知機能、2Dセンサー、3Dセンサーで検知します。

 5ユニットで車両1両分の長さになりますが、1次試作機は3ユニット分が製作されました。JR西日本は今後さらなる開発と検証を進めていくとしています。

【了】

【写真】自由自在な開閉パターン

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191120 jrwumekita 02
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 03
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 04
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 05
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 06
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 11
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 12
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 13
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 14
  • Thumbnail 191120 jrwumekita 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. お得意のロープ式を新駅に付けるのは恥ずかしかったのかな?