JALのエアバスA350-900が6代目「嵐ジェット」に 松潤も「愛を感じた」特別塗装とは

JALが、新鋭機「エアバスA350-900型機」の4号機を「嵐ジェット」6代目にして披露。「嵐」の松本 潤さんも駆け付けました。「嵐」への9年分の思いが詰まっているという今回のデザインに、松本さんもご満悦です。

松本 潤さん「A350カッコいい!」

 JAL(日本航空)が新鋭機「エアバスA350-900型機」の導入を記念して、この4号機(機番:JA04XJ)のデザインを、JAL国内線のCMキャラクターを務めるアイドルグループ「嵐」の特別塗装機「20th ARASHI THANKS JET」に変更。2019年11月25日(月)、羽田空港内のJAL格納庫で「嵐」の松本 潤さん立ち合いのもと、この機体を報道陣に披露しました。

 JALの飛行機に「嵐」デザインの特別塗装が施されるのはこれが6回目。「20th ARASHI THANKS JET」では、「A350」ロゴがメンバー5人のイメージカラーをあしらったオリジナルのものになっていますが、特別塗装のポイントはこれだけではありません。

Large 191125 arashi 01

拡大画像

左側から見たJALのエアバスA350-900型機「20th ARASHI THANKS JET」(2019年11月25日、乗りものニュース編集部撮影)。

「機体左側は現在のメンバー、右は初代『嵐ジェット』を導入した9年前のメンバーの顔を描いています。9年前、『嵐』がブレイク中だったのに対し、JALは再建中の厳しい時期でした。『嵐』の力を借りれば元気が出るのではないかと考えたのです。『嵐』が週末にコンサートを開くと、木曜から翌週月曜までの5日間、飛行機がいっぱいになるほど影響力があります。この機体は、この9年間における、JALの『嵐』への気持ちがこもっています」(JAL国内路線事業本部 本田俊介執行役員)

「機体の両面に顔を描いてもらえると聞いたときは、『嵐』への愛を感じて、とてもうれしかったです。JALには、ハワイのコンサートで機材運搬を手伝ってもらうなど、お世話になっています。このA350型機は翼の形など外観がカッコいいですし、機内はとても広いので、ぜひ試しに乗ってほしいです」(松本 潤さん)

「20th ARASHI THANKS JET」は11月26日(火)から、JAL503便(羽田午前7時30分発、新千歳行)でデビュー。2020年12月末ごろまで、おもに羽田~新千歳、福岡線で、2020年2月1日(土)からは羽田~那覇線で運航される計画です。

 ちなみに、エアバスA350型機のJAL1号機から3号機までは、機体後部に「A350」がそれぞれ異なるテーマカラーで描かれた特別塗装機です。5号機が納入されるまで一時的ですが、JALが保有する同型機は、すべて特別塗装機での運航となります。

【了】

【写真】機体右側に若きころの「嵐」メンバー

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント