東北中央道が12月22日延伸 「相馬~相馬山上」6km 常磐道と接続へ

東北中央道と常磐道が接続します。

Large 191128 tohokuchuo 01

拡大画像

東北中央道の相馬IC~相馬山上IC間が開通し、常磐道へ接続する(画像:磐城国道事務所)。

 国土交通省が建設を進めてきた福島県内の東北中央道 相馬IC~相馬山上IC間6.0kmが、2019年12月22日(日)14時30分に開通します。

 東北中央道は福島、山形、秋田の3県を縦断する計画の道路で、福島県内では現在、常磐道と東北道を結ぶ相馬~福島間の工事が進められています。今回の開通により、東北中央道と常磐道が接続し、たとえば相馬市役所と福島市役所のあいだの所要時間は、約22分短縮するそうです。

 国土交通省 磐城国道事務所は今回開通する区間の主な整備効果として、広域観光の活性化、迅速で安定した救急医療活動、地域産業の活性化をそれぞれ支援するものとしています。なお、東北道と接続する霊山(りょうぜん)IC~桑折(こおり)JCT間も、2020年度までに開通する予定です。

【了】

【画像】相馬~福島間22分短縮 開通による時短効果

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191128 tohokuchuo 02
  • Thumbnail 191128 tohokuchuo 01

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 配信を停止してください。興味のある記事が全く無いので。悪しからず。

    • 興味が無ければ、見に来なければ良いだけなのに、わざわざサイトに来てサービスを止めろとか、意味不明。

  2. 東北道との合流箇所が、桑折JCTと福島JCTと別れてしまったのは、どういった理由なのでしょう。

    さすがに、飯坂温泉をつっきる訳には行かなかったのかな。