商業施設の入出庫「右折禁止」が多いワケ 守らないと交通違反になる?

商業施設の駐車場では、入庫や出庫の際に右折を禁止していることがあります。遠回りになることから、禁止を無視し右折するクルマも見られますが、そもそもなぜ右折が禁止されるのでしょうか。また、法的な拘束力はあるのでしょうか。

商業施設への出入り「原則は左折で」など求める指針

 大型の商業施設などで、「右折」による駐車場の入出庫が禁止されていることがあります。出入口に右折禁止の看板を立てていたり、警備員が誘導していたりしますが、来店客にとっては遠回りになることもあるため、無視して右折している光景も見られます。

 そもそも、なぜ右折による入出庫が禁止されるのでしょうか。

Large 191202 usetsu 01
駐車場の出口で右折禁止としている例(画像:写真AC)。

 商業施設などの出店による交通渋滞の影響を取りまとめている国土交通省の道路経済調査室によると、「たとえば右折での入庫は、反対方向の交通が途切れるまで待たなければなりませんので、片側1車線では後続車の流れを止めてしまうなど、左折入庫よりも渋滞が発生しやすい傾向」とのこと。

 このため、経済産業省では一定以上の規模を持つ商業施設の出店者に対し、駐車場は左折での入出庫を原則とすること、右折待ち渋滞が極力発生しないようにすることなどを求める指針を設けているのです。

【写真】右折入庫が交通違反になる「車両横断禁止」標識とは

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント