羽田空港国内線 第1第2ターミナル間移動 早いのは徒歩 バス モノレール?実際に測った

使用する航空会社で、ふたつの国内線ターミナルを使い分けている羽田空港。もし、もうひとつのターミナルに行く必要がある場合、徒歩、バス、モノレールどの手段が一番早いのでしょうか。実際に検証しました。

使用する航空会社でターミナルが異なる羽田空港

 羽田空港には国内線ターミナルがふたつあり、飛行機を乗降する際どちらを利用するかは、おもにその飛行機を運航する航空会社で分かれています。しかし、もし誤って違うターミナルに行ってしまった場合などは、どのような手段でもう一方に移動するのが最も早いのでしょうか。

 ターミナル間の往来手段は、おもに3つ。無料連絡バス(4分間隔)、徒歩(距離およそ400m)、モノレール(平均4分間隔)です。

Large 191105 rjtt 01  1

拡大画像

羽田空港。奥にあるのが第1ターミナルで、その後ろに第2ターミナルがある(画像:写真AC)。

 第1ターミナルの1階「案内所」前と、第2ターミナルの1階吹き抜け前のあいだを3つの手段で移動し、時間を測ってみました。条件は「急がないこと」で、早歩きはもちろん、エスカレーターや動く歩道で歩くのもNGです。

 まずは、4分間隔で運行している無料のシャトルバスで実験。バスはそれぞれのターミナルの1階から出ています。2回の計測で、所要時間は6分18秒と6分47秒でした。

 次の手段は、平均4分間隔で走っているという東京モノレールです。両ターミナルはひと駅で結ばれており、駅はともに地下1階にあります。運賃は160(ICカード乗車券の場合は157)円。2地点間の所要時間は、バスより長い7分5秒でした。ターミナルの地下で間違いに気づいたときなど、場合によっては有効な手段かもしれません。

【写真】どう使い分け? 両方に入ってる航空会社

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント