羽田空港国内線 第1第2ターミナル間移動 早いのは徒歩 バス モノレール?実際に測った

徒歩でも実験、一番早いのはどれ? 注意点もまとめた

 最後の手段は徒歩。両ターミナルの地下1階は、およそ400mの連絡通路で結ばれており、動く歩道も設置されています。2地点間の所要時間は、モノレールと同じ程度の7分13秒です。ただし、歩行スピードによって左右されるので、歩くのが早い人は、バスより時間が掛からずに到着できる可能性もあります。

 3つを比べたところ、一番時間が短かったのは無料のシャトルバスでした。ほかの手段よりひとつ上の階から発着するので、そのぶん階段の上り下りがないことも大きなメリット。もちろん道の混み具合などで所要時間に差が出ることもあります。

Large 191105 rjtt 02

拡大画像

およそ400mの羽田空港内「ターミナル連絡通路」(2019年11月、乗りものニュース編集部撮影)。

 ただし、第1ターミナルからバスを利用する際には、ひとつ注意が必要です。同じバス停から「国際線ターミナル行き」が出ているので、もしそれに乗ってしまうと遠回りとなり、10分ほどロスになります。

 また2020年3月には、第2ターミナルにおいても国際線の運航が開始されるのを受け、これまでの国際線ターミナルが「第3ターミナル」に名称変更される予定です。バスも「国際線ターミナル行き」から「第3ターミナル行き」に変わると見られます。

 なお羽田空港では2019年11月現在、ターミナル別の航空会社は次のように分かれています。

・第1ターミナル:JAL(日本航空)グループ、スカイマーク、スターフライヤー
・第2ターミナル:ANA(全日空)、AIRDO、ソラシドエア、スターフライヤー

 特に注意が必要なのは、両ターミナルを「行先」で使い分けているスターフライヤーです。第1ターミナルは北九州、福岡空港行き、第2ターミナルは山口宇部、関西空港行きです。スターフライヤー運航で、コードシェア(共同運航)している、北九州空港行きANA便も第1ターミナルになります。

【了】

【写真】どう使い分け? 両方に入ってる航空会社

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント