ANA 日本初就航ヴァージン・オーストラリアとタッグ どんな航空会社? マイル提携も

ANAが日本初就航となるヴァージン・オーストラリア航空と提携契約を調印しました。今後はコードシェアやマイレージ提携を行います。そのヴァージン・オーストラリア航空、どのような会社なのでしょうか。

特典航空券や各種優先サービスの提供も予定

 ANA(全日空)とヴァージン・オーストラリア航空がコードシェア(共同運航)やマイレージサービスを中心とした業務提携を順次拡大し、関係を強化する方針です。2020年1月17日(金)、2社の包括提携契約の調印式が行われました。

 ヴァージン・オーストラリア航空は、国内線39都市、国際線16都市に就航するオーストラリアのフルサービスキャリアです。羽田空港における国際線発着枠の拡大を受け、2020年3月29日(日)に日本初就航を予定しています。開設されるのは羽田~ブリスベン線で、1日1往復を、横1-2-1列のビジネスクラス20席、横2-4-2列のエコノミークラス255席を配する、エアバスA330-200型機で運航する計画です。

Large 200117 va 01

拡大画像

羽田空港のANA機。同空港からはシドニー線を運航している(2019年5月、伊藤真悟撮影)。

 今回の提携は2つの段階にわけて行われるといいます。まず1月30日(木)より、オーストラリア国内のシドニー~メルボルン、ブリスベン、ゴールドコースト、ケアンズ、アデレード、キャンベラ線、計6路線のヴァージン・オーストラリア航空国内線において、ANAの便名をつけたコードシェアを開始予定です。

 ついで2020年春をめどに、日本~オーストラリア間の両社国際線とANAの日本国内線で、コードシェアを始める方針です。このほかマイレージプログラムの提携も予定しており、両社での特典航空券や各種優先サービスなども提供できるような体制を作るとしています。

 ANAにとっては、20年ぶりとなるオーストラリアの航空会社との提携ですが、なぜこのタイミングでの提携なのでしょうか。そしてこのヴァージン・オーストラリア航空、どのような航空会社なのでしょうか。

【写真】豪州ではメジャーな ヴァージン・オーストラリア機!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント