JALに特別デザイン「首里城再建応援」エアバスA350-900登場 羽田~那覇線で運航開始

JALは「首里城再建応援」特別デザインを施したエアバスA350-900型機を、報道陣に披露しました。同社にとっての新鋭機で、2020年2月から羽田~那覇線でデビューとなるこの機体に首里城再建への思いを託します。

機体左側の最前方ドアに「よみがえれ!首里城」

 JAL(日本航空)が2020年2月1日(土)より、「首里城再建応援」特別デザインを施したエアバスA350-900型機を、羽田~那覇線に導入しました。この機体(機番:JA05XJ)の外観が1月31日(金)、羽田空港内のJAL格納庫で報道陣に披露されました。

Large 200130 a350 01

拡大画像

JAL「首里城再建応援」特別デザインのエアバスA350-900型機(2020年1月31日、乗りものニュース編集部撮影)。

 沖縄県那覇市にある、琉球王朝時代の政治や文化の中心地「首里城」は、2000(平成12)年に世界遺産にも指定された、沖縄県のシンボル的な存在です。しかし2019年10月31日未明に発生した火災で正殿、北殿、南殿が全焼してしまいました。現在は再建に向け、関係各所に動きが見られます。

 JALグループは首里城再建に向けて支援金寄付などを行っており、グループ会社のひとつ、RAC(琉球エアコミューター)は1月29日(水)からひと足先に、再建の祈りを込めた特別塗装機を2機、導入しました。

 冒頭に触れた、首里城再建応援の特別デザインが施された機体は、2019年12月にJALへ納入されたA350-900型機の5号機にあたります。機体左側の最前方(L1)のドアに「OKINAWA(沖縄)、よみがえれ! 首里城」の文字と首里城のイラストが描かれた小さなステッカーが、機体両側面の後方には「JALグループは、首里城再建を応援してまいります」とのメッセージステッカーが貼られました。

JALのエアバスA350-900「首里城再建応援」デザイン機を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント