東京メトロ 16年ぶりに制服一新 昭和2年開業「東洋初の地下鉄」東京地下鉄道の要素も

東京メトロが16年ぶりに駅員などの制服をリニューアルします。デザインコンセプトは「シンプルスタイリッシュ」で、五輪も見据え、東京を訪れる人へスタイリッシュな東京の魅力を発信したいといいます。

東京メトロ新制服発表 オリンピック見据え新たな装いで「お出迎え」

 東京メトロは2020年4月1日より、駅員と乗務員、サービスマネージャーが着用する制服をリニューアルします。それに先立ち2月19日(水)、報道陣向けに新制服の発表会が開催されました。

Large 200219 uniform 01

拡大画像

東京メトロの新制服。左からふたりずつ、サービスマネージャー冬服、駅員・乗務員冬服、駅長クラス、駅員・乗務員夏服、サービスマネージャー夏服(大藤碩哉撮影)。

 東京メトロが制服をリニューアルするのは、2004(平成16)年に帝都高速度交通営団の民営化で会社が発足して以来、16年ぶりのことです。2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」を見据え、東京を訪れる人を新たな装いで出迎えるといいます。

 発表会に臨んだ東京メトロの山村明義社長は「東京らしいシンプルスタイリッシュをデザインコンセプトとし、東京を訪れる国内外のすべての人たちへ、制服を通じてスタイリッシュな東京の魅力を発信したい」と話しました。

 帽子前面の徽(き)章には「SINCE 1927」の文字が入っています。1927(昭和2年)は東京メトロの前身である東京地下鉄道が、東洋初の地下鉄として銀座線の浅草~上野間を開業した年です。先人が築き上げてきた東京の安心かつ安定輸送を受け継ぎ、利用者視点に立った質の高いサービスを提供したいと、東京メトロはいいます。

【写真】営団時代の制服の色、覚えてる? 東京メトロの歴代制服4種

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント