ANA臨時貨物便B777F「ブルージェイ」中国へ離陸 コロナで貨物にも問題 往復で異なる荷

ANA、臨時便にはB777F「ブルージェイ」を投入 その強みとは?

 臨時便に使われたボーイング777F型機は、旅客型のボーイング777-200LR型機をベースにした貨物機。777F型機は、ANAが日本の航空会社で唯一のユーザーで、2020年2月現在、ANAは2機を保有しています。

 777F型機は、大容量の貨物室が強み。ANAの主力貨物機のひとつであるボーイング767-300F型機と比べ、777F型機の貨物室は約1.2倍の高さをもち、搭載できる貨物量も重量ベースで約2倍(102トン)といいます。

Large 200224 777f 02

拡大画像

ANA臨時貨物便を担当したボーイング777FのANA初号機(2020年2月23日、乗りものニュース編集部撮影)。

 今回、2月23日(日)に運航された上海行き臨時便は、22時36分に成田空港を離陸。777F型機のANA初号機(機番:JA771F)が使われました。なおANAによると、24日(月)の成田発第2便は、777F型機の同社2号機(機番:JA772F)を使用する予定だそうです。

 なお、ANAでは777F型機に北米の青い鳥「ブルージェイ(BLUE JAY、日本名はアオカケス)」の愛称をつけ、機体後部左側に「青い鳥」をあしらっています。

【了】

【写真】中国行きANA「ブルージェイ」B777Fに積まれた貨物

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント