上空から放たれる圧倒的火力 105mm砲搭載のガンシップ「AC-130」 その性能とやらは?

砲兵は「戦場の女神」と呼ばれることもありますが、まさに神のごとく敵の頭上を飛び回り、砲弾を降らす飛行機があります。その名はAC-130。「毒針」や「幽霊」などと名付けられた攻撃機は、いったいどんなものなのでしょう。

アメリカ空軍にしかない唯一無二の特殊な攻撃機 AC-130

 装備も人員も世界最大規模であるアメリカ空軍は、他国の空軍では装備しないような特殊機も多数運用しています。それら特殊な機体のなかでも異色なのが、AC-130攻撃機でしょう。

Large 200228 ac130 01

拡大画像

対空ミサイル妨害用のフレアを射出しながら飛ぶAC-130(画像:アメリカ空軍)。

 AC-130は、航空自衛隊や海上自衛隊も運用するC-130「ハーキュリーズ」輸送機の対地攻撃機型です。機体各所にりゅう弾砲や機関砲を搭載し、空から砲弾の雨を降らしますが、このような特殊な攻撃機を、アメリカ空軍は2020年現在、30機以上も装備しています。

 すでに最初のタイプが誕生してから半世紀以上の歴史があるAC-130ですが、現役なのはAC-130W「スティンガーII」およびAC-130J「ゴーストライダー」で、両者は武装が異なります。前者は30mm機関砲を1門だけなのに対して、後者は30mm機関砲1門に加えて105mmりゅう弾砲を1門装備しています。AC-130はりゅう弾砲や機関砲に加えて各種対地ミサイルや精密誘導爆弾を投射できる能力を持っており、ミッションに合わせて使い分けたり、組み合わせたりします。

 AC-130Jが搭載する105mmりゅう弾砲は、威力こそ30mm機関砲を凌駕するものの、発射速度が遅く最大でも1分間に10発しか撃てません。それに対し、30mm機関砲は1分間に最大200発、連射できます。

 もちろん使い方も異なり、105mm砲弾は着弾地点を中心に半径20mから30mの範囲を爆風や破片によって破壊する、いわゆる面制圧的な攻撃用途なのに対して、30mm機関砲はピンポイントの貫徹力が高く、敵の装甲車両や強固な建造物を連射で破壊するといった用途です。

 ちなみに30mm機関砲については、空軍のA-10「サンダーボルトII」攻撃機が装備する30mmガトリング砲と弾薬の互換性があります。

【写真】飛行服で105mm砲を操作するAC-130の乗員

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント