なぜ春先 クルマの飛び石が多くなるのか? フロントガラス破損の予防策は

飛び石 どこから飛んでくる? 対策はあるのか?

 ノーバスジャパンによると、飛び石は車速が高いほど勢いが強くなり、高速道路ではガラスにひびが入りやすいとのこと。また、フロントガラスが垂直に近いクルマほど「直撃」を受けやすく、破損率が高いとも話します。

 また、JAF(日本自動車連盟)は飛び石について、「前方に大型トラックなどがいる場合は注意が必要」としています。ノーバスジャパンも、やはり大型車のタイヤは小石を挟みやすいといい、飛び石を避ける対策としては、大型車のすぐ後ろにつかずに、なるべく車間を空けて走ることくらいだそうです。

 ちなみに、飛び石によるフロントガラスの欠けやひび割れ修理は、透明な樹脂を注入して行うのが一般的で、カー用品店などで補修キットも販売しています。ノーバスジャパンによると、傷を放置しておくと雨水などが入り込んで広がり、車検に通らなくなるケースもあるとのこと。「ひび割れが500円玉より大きくなると補修は難しく、ガラスの交換になります」とのことです。

【了】

【写真】けっこう小石が挟まっている大型車のタイヤ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント