大変身したJR車両 国鉄特急の代名詞だった485系特急形電車 お座敷列車の「華」に

鉄道車両のなかには、当初の役割を終えたのち大改造され、見違えるほど“変身”したものがあります。そのひとつが、かつて各地を走り国鉄特急の代名詞的存在だった485系特急形電車、それを元に生まれたお座敷列車「華」です。

いろいろ改造された485系電車 展望席やディスコルームも

 鉄道車両のなかには、改造で大変身したものもあります。

 1968(昭和43)年に登場した485系電車は、国鉄を代表する特急形車両として、全国の電化区間で活躍。分割民営化の際もほとんどがJR各社に引き継がれ、一部はその地域や列車独特のカラーリングとなったり、リニューアル改造されたりしながら走り続けました。

 一方で、485系電車の一部は大改造が施され、団体貸切列車や臨時列車用の「ジョイフルトレイン」となりました。これらの車両は、前面が展望席になったり、車内にディスコスペースが設けられたりと、それまでとはまったく違う姿となっています。

Large 200221 hana 01

拡大画像

JR東日本の485系ジョイフルトレイン「華」(画像:写真AC)。

 しかし、近年は老朽化のため、そうした485系電車のジョイフルトレインも次々と引退。現在、485系電車はJR東日本が所有するジョイフルトレイン3編成のみとなっていて、そのひとつが高崎車両センターに所属する「華」です。

【写真】485系特急形電車「大変身前」

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント