首都圏走るJR東日本の普通列車「2階建てグリーン車」2階席 1階席 平屋席 どこ選ぶか?

JR東日本の普通列車2階建てグリーン車に関するアンケートを実施。すべて空席の場合、約6割の人が「2階席」を選ぶと回答しました。「車端の平屋席」「1階席」ともに、それぞれを選ぶ理由も多数寄せられています。

普通列車2階建てグリーン車「2階席」を選ぶ理由

「乗りものニュース」では2020年3月13日(金)から15日(日)にかけて、JR普通列車グリーン車の利用に関するアンケートを実施。1417人から回答が集まりました。

Large 200317 qjreddgreen 01
JR東日本の普通列車に連結されている2階建てグリーン車(2015年6月、草町義和撮影)。

「首都圏で運行されているJR東日本の普通列車。その2階建てグリーン車にひとりで乗るとき、すべて空席だったらあなたはどこの席を選びますか?」の質問では、「2階席」を選んだ人が最も多く57.7%、次いで「車端の平屋席」20.5%、「1階席」19.5%でした。

「その他」は、「気分による」(25~29歳、男性)、「季節や荷物の量で異なる」(50~54歳、男性)、「景色を見たい場合は2階。寝たい場合は平屋」(45~49歳、男性)、「昼は2階、朝と夜は1階」(40~44歳、男性)、「休みの日なら2階席、仕事の移動なら1階席」(40~44歳、男性)といった回答が寄せられています。

「2階席」を選ぶ理由として寄せられた回答(抜粋)は次のとおりです。

・見晴らしが良い。(35~39歳、男性ほか多数)
・非日常を味わうため。(45~49歳、男性)
・優越感があるから。(30~34歳、男性)
・平屋より揺れず、1階より静かで眺めも良い。(40~44歳、男性)
・進行方向に向かって一番後ろの席に座ります(左右問わず)。眺めが良い上、後ろを気にすることなく、リクライニングできるから。(35~39歳、男性)
・1階だと上階の足音が響くから。(45~49歳、男性)
・1階席はネズミになった気分になって落ち着かないから。(30~34歳、男性)
・子供と乗る機会が多いため、必然的に2階席に座ります。(45~49歳、男性)

オレンジ色の中央線快速に登場する2階建てグリーン車

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 夏場は1Fが特別席に!
    とだれかが言ってました。

  2. 普段は2階席
    荷物がある時は平屋席
    目の保養で1階席