「四国新幹線!?」大変身したJR車両 0系もどき「鉄道ホビートレイン」とは 座席は本物

鉄道車両のなかには、当初の役割を終えたのち大改造され、見違えるほど“変身”したものがあります。キハ32形気動車を元に生まれた、JR四国の予土線を走る0系新幹線もどき「鉄道ホビートレイン」も、そのひとつです。

四国を走る新幹線 0系を模したキハ32形「鉄道ホビートレイン」

 鉄道車両のなかには、改造で大変身したものもあります。

 四国で走っている“新幹線”もそのひとつです。「四国には新幹線なんて走っていないのでは?」と思われる人も多いことでしょう。もちろん、四国に新幹線は通っていませんが、新幹線をイメージした在来線の車両があるのです。

Large 200221 hobby 01

拡大画像

JR四国の予土線を走る、0系新幹線を模した「鉄道ホビートレイン」(伊原 薫撮影)。

 その車両は、窪川駅(高知県四万十町)と宇和島駅(愛媛県宇和島市)のあいだで走っています。この区間では、国鉄時代から貨車を改造したトロッコ列車が運行されているほか、2011(平成23)年には観光列車「海洋堂ホビートレイン」も加わりました。そして、これに続いて2014(平成26)年に登場したのが「鉄道ホビートレイン」です。

 この車両を初めて見た人は、誰もがその姿に驚くでしょう。キハ32形気動車を改造した「鉄道ホビートレイン」は、どこから見ても0系新幹線にそっくり……どころか、一目で“ニセモノ”と分かる姿です。

【写真】0系新幹線そっくり?「鉄道ホビートレイン」車内・車外を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント