新型コロナ緊急事態宣言下の羽田空港 どんな様子? 閑散とするロビー 進む感染防止策

新型コロナ感染拡大の影響で航空便利用者が大きく減少しています。羽田空港もそれは同様で、実際に国内線施設に行ったところ平時とは大きく異なる状況でした。ただ同時にここでは、ほかの空港とは異なる独自の感染防止策も講じられています。

第1、第2ターミナルとも一部保安検査場を閉鎖

 新型コロナウイルスの感染拡大にともなう需要減退などの影響をうけ、国内の航空会社は国際線、国内線ともに利用者が大きく減っている状況です。

 特に、日本全国を対象とした緊急事態宣言が発出された2020年4月16日(木)以降は、より一層この影響が甚大です。航空各社によると、宣言下にあたる同年のゴールデンウイークにおける国内線航空券の予約率は大きく減っており、なかには平年の10%程度まで落ち込んでいる航空会社もあるそうです。

 日本の空港のなかで利用者が最も多い羽田空港も、その影響を大きく受けています。宣言発出の翌日にあたる4月17日(金)、3つある同空港ターミナルのうち、国内線が就航する第1、第2ターミナルにて、平時とは大きく違った様相を見てきました。

Large 200424 hnd 01

拡大画像

4月17日16時頃の羽田空港。駐機している国内航空会社の飛行機数が明らかに多い(2020年4月17日、乗りものニュース編集部撮影)。

 国内線エリアの出発フロアにある保安検査場は、4月17日から一部が一時閉鎖されています。第1ターミナルは6か所ある検査場の北側3か所、第2ターミナルの国内線エリアは4か所ある検査場のうち、南側の2か所が閉じられていました。

 なお、第2ターミナルは同年3月29日から南側のエリアが拡張され、そこでANA国際線の対応も始まっていましたが、このエリアも一時閉鎖されていて、国内線エリアとの境目はシャッターで区切られていました。

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

緊急事態宣言下の羽田空港の様子を写真でチェック

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント