長~いトレーラーもスケスケに 牽引車を透かして映す 後方確認カメラ技術に賞

トレーラーヘッドから後ろが透明に見えるシステムです。

Large 200430 valeo 01

拡大画像

「XtraVueトレーラー」の画像。トレーラーヘッドから後ろが透けて見えるようにモニターへ映し出され、車両後方の状況が確認できる。右上は透過させない場合の画像(画像:ヴァレオ)。

 フランスに本拠を置く自動車部品メーカーのヴァレオは2020年4月30日(水)、同社が開発した運転支援システム「XtraVueトレーラー」が、2020年「Automotive News PACE Award(以下PACEアワード)」を受賞したと発表しました。

「XtraVueトレーラー」は、トレーラー(被牽引車)とトレーラーヘッド(牽引車)から撮影されたカメラ画像のデータを統合し、ひとつの映像として運転席のモニターへ映し出すというシステムで、トレーラーやトレーラーハウス越しに透けて見えるように、車両後方で起きていることを確認できるといいます。ドライバーは、トレーラーのサイズにかかわらず、自車の周囲をしっかりと確認しながら車線変更やバック、駐車などの運転操作ができるということです。

 同システムはアメリカ・ラスベガスで2019年9月に開催された世界最大の家電見本市「CES 2019」で披露され、同年末にはアメリカで販売を開始。ヴァレオは、ひとつのイノベーションを発表から生産開始まで迅速に進める自社のスピード感を象徴している、としています。

 ちなみに、「PACEアワード」は、アメリカの「オートモーティブニュース」紙により、自動車業界において技術革新的な製品や製造プロセスを開発したサプライヤーに授与されるものです。20年以上の歴史をもつこの賞についてヴァレオは、業界でのイノベーションのベンチマークとして世界中で認められているものだといいます。

【了】

【写真ギャラリー】トレーラーがスケスケ! 真後ろの接近車両も見える!

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. トレーラーヘッドってできの悪い和製英語だよね、正しくはトラクター