東海道新幹線「のぞみ」4割減に 山陽・九州も定期列車減便 新型コロナ影響で11日から

「みずほ」「さくら」なども減便の対象です。

Large 200507 jrcwqsnknsn 01
東海道新幹線(2014年7月、草町義和撮影)。

 JR東海とJR西日本、JR九州は2020年5月7日(木)、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の期間延長と、現在の利用状況を踏まえ、11日(月)以降の東海道・山陽・九州新幹線の運転計画を見直すと発表しました。

 東海道新幹線は、「のぞみ」の本数を平日と土曜は約4割、日曜・休日は約3割減らし、いずれの日も1日あたり101本とします。1時間あたり3本程度です。「ひかり」「こだま」は引き続きすべての定期列車が運転されます。

 山陽新幹線は、「のぞみ」の本数が半分の1日53本に減り1時間あたり1~2本程度になります(いずれも平日、以下同じ)。九州新幹線に直通する「みずほ」「さくら」もおよそ半分の計29本に減り、1時間1本程度の運転になります。一部の「みずほ」「さくら」は、博多発着の「ひかり」として運転されます。

 九州新幹線は、山陽新幹線直通の「みずほ」「さくら」の減便に伴い、運転間隔や停車駅を調整するため、臨時列車が設定されます。「みずほ」「さくら」「つばめ」を合わせた1日あたりの運転本数は、平常時の7割程度に相当する83本です。

 なお、博多南線(博多~博多南)は引き続きすべての定期列車が運転されます。

【了】

【本数一覧】実際どう変わる? 東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」「こだま」減便前後比較

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント