ANA貨物専用機初の欧州進出 新型コロナで臨時便 巨大キャパ「ボーイング777F」を投入

新型コロナの影響下、ANAグループが成田~フランクフルト線で臨時貨物便を運航開始しました。これは同社にとって初となるヨーロッパ方面の貨物専用便で、大型のボーイング777F型機「ブルージェイ」が用いられました。

ヨーロッパの航空貨物拠点「フランクフルト」

 ANA(全日空)グループ貨物部門のANAカーゴが成田~フランクフルト(ドイツ)線で貨物臨時便の運航を開始。2020年6月10日(水)午前9時ごろ、その初便が成田空港を離陸しました。同グループにとって、ヨーロッパ方面への貨物専用機の運航は、今回が初となります。

Large 200610 cargo 01

拡大画像

フランクフルトに向かうANAカーゴ「ボーイング777F」を見送る同社のスタッフ(2020年6月10日、乗りものニュース編集部撮影)。

 新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、国際旅客便が運航規模を縮小した関係で、これまで旅客便の貨物スペースを利用して輸送していた航空貨物を平時のように運ぶことが難しくなっています。この日本とヨーロッパ双方面の貨物需要に対応するため、ANAグループによる臨時便が設定されました。フランクフルトが選ばれたのは、ヨーロッパにおける航空貨物の拠点であるため、とのことです。

 ANAグループは貨物専用機を2モデル保有しています。機数としては多数を占めるボーイング767F型機と、より大型で2019年から投入開始されたボーイング777F型機です。今回のフランクフルト便に使用されたのは、後者の777F型機です。

 ANAグループの777F型機は、旅客型の777-200LR型機をベースにした大型貨物機で、末尾の「F」は「Freighter(フレイター)」、つまり「貨物型」を意味しており、日本でANAグループのみが導入しています。767F型機と比べると貨物室の高さも約1.2倍で、搭載できる貨物重量は約2倍(102t)、航空機エンジンを積むことも可能とのことです。

 なお、ANAグループの777F型機は「BLUE JAY(ブルージェイ)」の愛称が与えられており、機体後部左側に「青い鳥のマーク」が入っているのが特徴です。

ヨーロッパに向かう「ブルージェイ」の様子を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 乗りものニュースの配信停止をお願いします。

    • 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
      乗りものニュース編集部です。

      プッシュ通知の解除につきましては
      https://trafficnews.jp/contact/new
      を参照願います。