新デザイン塗装の西武バス登場 宮城交通50周年2台セットも トミーテックのバス新製品

約67年ぶり新カラー車が早くも模型化!

Large 200611 tomytecbus 01

拡大画像

「わたしの街バスコレクション 西武バス」のイメージ(画像:トミーテック)。

 トミーテックが2020年6月11日(木)、バス車両模型の新製品について発表しました。

 国内主要6都市(札幌、東京、名古屋、大阪、広島、福岡)と首都圏、関西圏を走る大手バス事業者を取りそろえたシリーズ「わたしの街バスコレクション」からは、西武バスの約67年ぶりの新カラー「S-tory(エストリー)」塗装車が10月に登場予定。モデルは新カラーの第1号車で、滝山営業所に所属する三菱ふそうエアロスターです。予価は1400円(税別)。

「ザ・バスコレクション」では、「宮城交通創立50周年記念2台セット」が10月に発売されます。現在の路線バス車両最新モデルのいすゞ「エルガ」と、モデルチェンジした高速バス車両の三菱ふそう「エアロエース」のセットで、予価は2800円(税別)です。

【了】
※一部修正しました(6月17日9時53分)。

【写真】各製品をじっくりチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント