牟岐線で半年間バス代行輸送 阿佐海岸鉄道のDMV導入で牟岐~海部間 JR四国

DMVのデビューが近付いてます。

Large 200615 jrsmugi 01
海部駅に停車しているJR牟岐線と阿佐海岸鉄道阿佐東線の列車(画像:写真AC)。

 JR四国は2020年6月15日(月)、牟岐線に接続する第三セクターの阿佐海岸鉄道がDMV(デュアル・モード・ビークル)を導入するのに伴い、牟岐線の牟岐~海部間でおよそ半年にわたりバス代行輸送を行うと発表しました。

 期間は7月18日(土)から2021年1月31日(日)まで。代行バスは現行の列車と同じく1日9往復です。なお、阿佐海岸鉄道では一部列車の時刻が変更されます。

 DMVは線路と道路の両方を走れる乗りものです。外観はマイクロバスですが、床下には道路用のタイヤのほかに、レールを走るための車輪が格納されています。大量旅客輸送には向きませんが、駅で列車とバスの乗り換えが不要になり、地域公共交通の利便性が向上するといいます。

 阿佐海岸鉄道はすでにDMVを3台購入しています。2020年度に、鉄道車両での運行を終了し、世界で初めてDMVの本格的な営業運行を始める計画です。今回の代行輸送期間中、牟岐駅や海部駅では施設工事などが行われます。

【了】

JR牟岐線 牟岐~海部間の代行バス時刻表

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント