瀬戸内の新しい観光列車、名前は「etSETOra」 2020年秋、呉線・山陽本線でデビューへ

キハ47形2両を使います。

Large 191016 jrwetsetora 01

拡大画像

新たな観光列車「etSETOra」の外観イメージ。瀬戸内海の青や波の白など「せとうち」をイメージしている(画像:JR西日本)。

 JR西日本は2019年10月16日(水)、呉線や山陽本線を走る新しい観光列車の名称が「etSETOra」(エトセトラ)に決まったと発表しました。

 同社は、広島県の各地域をはじめ山口県の岩国市、愛媛県の今治市・上島町・松山市、岡山県の倉敷市と連携し、2020年10月から12月にかけて観光キャンペーン「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」を開催する予定です。このキャンペーンにあわせ、キハ47形ディーゼルカー(2両編成)を使い、2020年秋ごろに新たな観光列車を導入します。運行線区は、呉線や、山陽本線の尾道~宮島口間です。

 JR西日本は列車名「etSETOra」について、ラテン語で「その他いろいろ」「…など」という意味の「et cetera」(エトセトラ)になぞらえ、「瀬戸内が次から次に紹介したくなる魅力に溢れていること」を表現したとのこと。「えっと」は広島弁で「たくさんの」「多くの」という意味もあることから、この列車で「えっと」瀬戸の魅力を感じてほしいという思いもあるといいます。

 車内サービスや運転時刻などは、今後、順次発表される予定です。

【了】

【画像】海の景色を楽しめる「etSETOra」車内

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191016 jrwetsetora 02
  • Thumbnail 191016 jrwetsetora 01

最新記事

コメント