くすぶる「羽田新ルート廃止論」 国交省「固定化回避検討会」開催へ その狙いを聞く

東京都心の上空を通る飛行ルート、いわゆる「羽田新ルート」が開始されたものの、依然多くの議論が起っている状態です。そのようななか国交省が「固定化回避」の検討会を開くと発表、これにはどういった狙いがあるのでしょうか。

「すぐに廃止する意味合いのものではない」と国交省

 羽田空港で2020年3月から、東京都心を通る離着陸経路、いわゆる「新ルート」が正式運用が開始されました。同空港の国際線の大幅増便にともなって、より効率的な空港運用を目指したものですが、一方で新宿区や渋谷区、品川区などを低空で飛行することから、の6月12日(金)には新ルート直下の住民などが集団訴訟を起こすといったように、騒音問題などで運用開始も国内で依然、議論が起きている状況です。

 また、騒音影響の低減を図るための理由などから、新ルートでは好天時に着陸するときの降下角度を、一般的な3度から、約3.5度に引き上げるなどの対応をしてますが、一部メディアではこの安全性についても懸念する声が見られます。

Large 200623 route 01

拡大画像

羽田空港のJALとANA機、奥に見えるのは国際線の対応する第3ターミナル(2020年、乗りものニュース編集部撮影)。

 そのようななか国土交通省が6月16日(火)、羽田新ルートの固定化を回避するための方策について、最近の航空管制や航空機器の技術革新を踏まえ、技術的観点から検討を行うため、有識者を集めた検討会を6月30日(火)に行うと発表しました。

 どのような理由でこういった会を開くのでしょうか。また、新ルートは廃止となるのでしょうか。国土交通省航空局交通管制部に聞きました。

――今回、なぜこういった会を開くことになったのでしょうか?

 最も大きな理由は、周辺住民から飛行機の騒音などについてのお声をいただいたうえ、品川区など周辺自治体の要請をうけ、「現代の最新技術を使って何ができるか検討していこう」といったものです。

 具体的にどういった技術を紹介するかは今後決めることですが、設定された新ルートをすぐに変える、廃止するといったものではなく、「より良い選択肢や方法はないのか」を専門家の皆さんを交えて、長期的に検討していくことが目的です。

【写真】客室の窓から見た「羽田新ルート」の景色

 
    
 
    

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

6件のコメント

  1. 成田空港は不便だから羽田空港にシフトしろ!と言い、いざシフトして新ルートの案が出ると今度は騒音!落下物!と言い出す。少し自分勝手過ぎませんか?

    • 羽田に文句 → 成田建設 → 成田に文句 → 羽田に戻す → 羽田に文句。千葉県民はいつも被害者。

  2. オリンピックやるかどうかも怪しいしやっても海外からお客様があまり来ない
    もはや新ルートは不要だと思う
    都心部上空を多数の航空機が通れば部品が民間や歩いてる人に落ちて死亡事故が起きる可能性はあるし危険すぎる

    • 「千葉市上空を多数の航空機が通っても、部品が民間や歩いてる人に落ちない」とでもおっしゃりたいのですか?

  3. 再々再沖合い展開を早急に決定すべきです。
    C滑走路に平行したE滑走路を増設し、都心方向からの着陸はC, E を基本にすべきです。
    E の陸側には新ターミナルを建設し、地下には京急と東京モノレール駅を新設、モノレールは空港内交通システムとして4つのターミナル間だけは無料で利用できるようにします。

  4. 前のオリンピックの時に横田空域管制権を返還してもらえれば良かったのにな。
    返還してもらえばあの経路もすぐ使えただろうし、そうなれば都心部の高層ビルは減るだろうし、経路の土地は騒音問題で値下げが進んでドーナッツ状態になるし、そうなると会社の本社、本部もその状況で今ほど都心にはないだろう。