デビュー延期の新夜行列車「WEST EXPRESS 銀河」9月運転開始 ブルトレ風コロナ対策品

飛沫感染防止パーテーションが、ブルトレのヘッドマークみたいです!

 JR西日本は2020年7月22日(水)、新型コロナウイルスの感染拡大により運転開始を延期していた新しい夜行列車「WEST EXPRESS 銀河」について、2020年9月11日(金)から運転すると発表しました。

 運転区間は京都・大阪~出雲市間で、期間は11月まで。12月以降は山陽方面へ運行される予定です。なお新型コロナウイルス対策として、以下の取り組みを行っているとのこと。

・空気清浄機の搭載
・抗ウイルス・抗菌加工の実施
・自動換気装置による車内換気
・消毒液の設置
・飛沫感染防止パーテーションの設置

Large 200722 west 01

拡大画像

「ウエストエクスプレス銀河」(2020年1月25日、伊藤真悟撮影)。

 きっぷは、当面のあいだ、日本旅行が企画・実施する旅行商品として販売されます。

「ウエストエクスプレス銀河」は当初、2020年5月8日(金)の運行開始予定で、きっぷは駅の窓口などで一般的な列車と同様の形で購入する方式でした。

【了】

【画像】まるでブルートレインのヘッドマーク!「銀河」の飛沫感染防止パーテーション

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント