宮古島のもうひとつの空の玄関「下地島空港」 超ユニークリゾート風空港に 内部潜入

日本有数のリゾート地のひとつ宮古島には、宮古空港以外にも第2の空の玄関口、下地島空港があります。ここはかつて訓練用の飛行場でしたが、現在変化し、日本の空港では見られないものが多いユニークな空港になっていました。

宮古空港からはクルマで約25分

 沖縄県の宮古島といえば、日本有数のリゾート地のひとつです。ここの空の玄関口といえば、一般的には宮古空港が挙げられますが、近年では必ずしもそうとは言えなくなってきています。

 宮古空港から西北西に約16km。クルマだとおよそ25分で行ける下地島に下地島空港があります。ここはかつてパイロットの訓練などに用いられていましたが、2019年3月に新しく旅客用のターミナルがオープン。これと同時にLCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンが下地島~成田、関西線を就航して、以来「宮古諸島の第2の空の玄関口」の地位を確立しつつあります。

 この下地島空港のコンセプトは「空港から、リゾート、はじまる」とのこと。実際に訪れたところ、これまでの空港とは異なる設備が目白押しでした。

Large 200727 shi 01

拡大画像

下地島空港のエントランス部分(2020年7月、乗りものニュース編集部撮影)。

 下地島空港のターミナルは、一般的な日本の空港では室内にあるものが屋外にある、といったレイアウトが多いのが特徴といえるでしょう。

 たとえば到着後、ほかの空港であれば搭乗橋、もしくはバスや徒歩で空港の屋内に入り、預け手荷物の受取場に向かいます。対し下地島空港は降機後の到着動線が受取場以外、ほとんど外にあるのです。

 そこまで向かうまでの道沿いは、庭園の中庭のようなイメージで植物が植えられています。出発の際にも屋内の搭乗待合室からゲートを通って外に出ますが、そこもまるで庭のよう。そこからタラップ車で機内に乗り込む形です。

これが搭乗待合室? ユニークすぎる下地島空港の内部とは

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント