乗るメガネ? 輪っかボディのEV原付 折り畳んでリュックにすっぽり 日本上陸なるか

輪っかを2つ並べたようなボディの前後に車輪がつく、特徴的な電動バイクを日本に輸入するためのクラウドファンディングが行われています。折り畳めばボディの輪のなかに車輪が格納され、リュックにも収まります。

タイヤがボディに収まるので汚れない!

 輪っかを2つ並べたようなボディ、その前後に車輪がつくという、特徴的な電動バイクを日本に輸入するためのクラウドファンディングが行われています。2020年9月3日(木)、東京都世田谷区の蔦屋(つたや)家電にて、その試乗会が行われました。

 バイクの名は「smacircle(スマサークル)S1」。クラウドファンディングサービス「Kibidango(キビダンゴ)」にて、2300万円を目標額に資金調達が行われています。1台の価格は超早割(27%オフ価格)で13万5000円です。目標額に達成した暁には、出資者へ商品が届けられる仕組みです。

Large 200903 smacircle 01

拡大画像

「スマサークルS1」。試作品のため日本向け完成版とは仕様が異なる(2020年9月3日、中島洋平撮影)。

 特徴はなんといってもそのボディと、折りたたみが可能な構造です。前後のタイヤがボディの輪に格納され、さらにボディを折りたたむことで、専用のリュックに収まります。そのため、収納時にタイヤの汚れを気にする必要がないことも特徴だそう。また、シートを兼ねているバッテリーは取り外しできます。重量は12kgだそうです。

 この「スマサークルS1」は中国製で、アメリカのラスベガスで1月に開催された家電見本市「CES2020」で完成版が披露され、注目を集めたといいます。すでに中国や香港、オーストラリアといった国で発売されていますが、日本ではサイドミラーやウインカーランプなどの保安部品を取り付け、原付として登録しなければ公道を走れません。そのための改造版の製作費や、輸入にかかる費用として2300万円ほど集まれば、輸入を決定したいとキビダンゴは話します。

 実際に乗ってみると、あまり経験したことのない乗り味でした。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント