小田急線の上に露天風呂! 旅館「由縁別邸 代田」東京・世田谷に誕生 温泉どう実現?

住宅街に出現!

Large 200924 oerdaita 01

拡大画像

温泉旅館「由縁別邸 代田」の大浴場(男湯)(2020年9月24日、乗りものニュース編集部撮影)。

 小田急小田原線の世田谷代田駅近くに、2020年9月28日(月)、温泉旅館「由縁別邸 代田」が開業します。

 旅館があるのは線路の跡地です。東北沢~世田谷代田間1.7kmの地下化により生まれた地上空間に誕生しました。

 館内は客室(7タイプ35室)をはじめ、温泉や割烹「月かげ」、茶寮「月かげ」など。客室は2~3人用で、宿泊料は食事なしが1万7000円~、2食付きが4万3360円~です(いずれも2人1室、税・サービス料込み、別途入湯税150円)。温泉ではありませんが露天風呂付きの部屋もあります。

 大浴場では、箱根の芦ノ湖温泉(神奈川県)の源泉から運ばれるアルカリ性単純温泉を楽しめます。露天風呂のほか、女湯はオリジナルアロマのミストサウナ、男湯はドライサウナが併設されています。

 10月12日(月)からは、宿泊を伴わない日帰り入浴や飲食施設の利用が解禁。日帰り入浴は飲食とセット、要予約で2700円~です。

 世田谷の住宅街の中に温泉旅館を建てることになった背景として、小田急電鉄の広報担当者は「周囲の閑静な住宅街との調和の観点から、宿泊施設としては『温泉旅館』が選ばれた」と説明しています。

【了】

【写真】温泉旅館「由縁別邸 代田」の館内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 乗りもの…?