半蔵門線に新型18000系電車 2021年度上半期から導入 床面低くし乗り降りしやすく

19編成を導入します。

Large 200930 tm18000 01r

拡大画像

半蔵門線の新型車両18000系電車のイメージ(画像:東京メトロ)。

 東京メトロは2020年9月30日(水)、半蔵門線に新型車両18000系電車(19編成、計190両)を2021年度上半期から順次導入すると発表しました。

 約40年にわたり活躍している半蔵門線8000系電車を置き換えます。

 東京メトロによると、18000系の車両は、従来の8000系や08系の端正な表情を受け継ぎ、車内空間を半蔵門線の路線カラーの色彩に同調させることで、親しみや活気が感じられるようなデザインにするといいます。

 また、従来の8000系と比較し、全車両へのフリースペース設置、座席幅の拡大(一人あたり430mm→460mm)、車両の床面高さを低くし(1200mm→1140mm)車両とホームの段差を低減するなど、快適性を向上。また、万一脱線した際も自動で列車を停止させる脱線検知装置の搭載や、総合指令所などから走行車両の機器状態をモニタリングする「車両情報監視・分析システム(TIMAシステム)」を導入するなど、安全・安定運行の進化も図っています。

【了】

【写真】新型18000系の車内

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. いよいよ来年春からは、半蔵門線18000系の投入がはじまり、同系の置き換えがスタートすると、8000系は後数年で見納めとなります。将来的には新18000系と08系の2本立てとなり、東急側も新2020系の置き換えが進み、これも後数年で8500系も見納めとなり、同側も2020系と2代目5000系の2本立てとなるでしょう。

  2. 東急2020系、東京メトロ18000系の次は東武80050系が出そう